<   2017年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

丁寧で温かな、嵐の中のハイタッチ

台風到来の中、東京で行われたタッチ会に行ってきました。
やっぱりウヨンは嵐を呼ぶ男なんですね。
e0126009_21242795.jpg
※画像、公式からお借りしています

ウヨンペンのお友達とお茶してから会場入りすると、
ちょうど1部のウヨンの挨拶中でした。
写真のような、チェックのシャツのウヨン。
とってもご機嫌そう。
挨拶の途中から会場に入ったのでトーク内容はよく覚えていませんが、
ウヨンの話す姿が見れて嬉しかった。

そのまま私は複数おまとめレーンに並び、2部の開始までしばらく待ちました。
2部でもウヨンの挨拶がありました。
「みんなライブ来ましたか?来てない人いる?」と聞いてみたり、
「何の曲が好き?」と聞いてみたり、
「もっとトークショーがしたいです」と言ってみたり。
ウヨンの口調が本当に優しくてゆったりしていて、
だからなのか会場もなんとなく優しい雰囲気に包まれていました。
e0126009_21263120.jpg
そして複数タッチから2部が始まり、あっという間に自分の番になりました。
二人くらい前の人のタッチを並びながら見ることができたのですけど、
気がつくと自分の番がきていて、目の前にはウヨン。

ウヨンはタッチの間中、瞳をそらすこともなく、
ずっとアイコンタクトをしてくれていたと思います。
ウヨンと目が合ったままの数秒間なのに、
私の瞳孔が開きすぎて(笑)ウヨンがどんな服だったかどんな髪型だったか、
ディテールを一切覚えていません。

なんとか「武道館頑張ってくださいね」と言ってみたら、
「はーい」って可愛くお返事してくれました。

たったそれだけなのに、
いつもよりも長くウヨンと会話したような気持ちになりました。
いつもよりも深くウヨンと疎通したような気持ちになりました。
e0126009_21250365.jpg
ウヨンは今回行った人みんなにそう感じさせてくれたと思います。
一人一人を記憶に刻むように、
丁寧に接してくれたように感じました。

ウヨン、本当にありがとう。


by kotono-har | 2017-10-30 22:33 | ◇2PM | Comments(4)

ウヨンの夢、武道館!一緒に叶えたい

e0126009_00415845.jpg
※写真、公式からお借りしています

国際フォーラム行ってきました。
最初から最後まですごく楽しくて、
ウヨンもとってもかっこよかったです。
ライブをしている時のウヨンは本当に生き生きしてて、
それを見ている客席のファンもまた、とってもいい表情をしている。
お互いが作り上げていくライブ、それがもうたまらないのです。

そして今日は嬉しいことも。
ウヨンが客席に降りてだーっと走ってきてちょっと止まったあたりの
1階の通路側に近かったので、思わず触ってしまいました。
ウヨンの生腕はとてもツルツルで汗でちょっと湿っていました。
(あれがスタッフさんの腕でないことを祈るw)
間近でみるウヨンは汗がキラキラ光っていました。
本当にかっこよかった。

そして今日はニックンとチャンソンも。
二人ともウヨンのキャップがよくお似合いですー。
ウヨンもとても嬉しかったのでしょう。
何度もコマプタ(ありがとう)って言ってました。
e0126009_00420616.jpg
※写真、公式からお借りしています

そしてそして、アンコールのあとは、
ウヨンが自らの言葉で武道館の発表をしてくれました。
そのことに感動して泣きそうになっちゃって、
どんな風に言ったのかあんまり覚えてないんだけど、
「僕たち、やりました。武道館、僕の夢」って言ってたと思います。

e0126009_00421368.jpg
※写真、公式からお借りしています

ウヨンの夢がかなったこと、
「僕たち」という言葉でちゃんとファンの存在を思ってくれていること、本当に嬉しいです。


ウヨンと一緒に武道館で夢を叶えたい。
チケッティング、頑張らなきゃー。



by kotono-har | 2017-10-24 01:15 | ◇2PM | Comments(4)

ウヨンと焼き芋

途中からみたLINE Live。
カメラ越しの彼女に焼き芋を食べさせてあげるシュチュエーションだったみたいで・・・
なかなか貴重なスクショ、ウヨンと焼き芋です。可愛い。
e0126009_20502494.png

明日は国際フォーラム参戦してきます。
台風の影響で明日も交通機関が乱れそうだけど・・・
どうかどうか大きな被害が出ませんように。

そしてウヨンの嬉しい発表もありますように。


by kotono-har | 2017-10-22 21:04 | ◇2PM | Comments(2)

嬉しいプレゼント

お友達から嬉しいプレゼントが届きました。
いつも譲っていただいて感謝です。
e0126009_21414067.jpg
今月は色々忙しくて、先週末やっと大きなイベントが終わりました。
私は半年くらいしかそのイベント準備に関わっていないのですが、
新しい出会いや懐かしい再会などもあってとても貴重な経験となりました。

そんなこんなですっかり結婚記念日だったことなど忘れていましたが、
夫も忘れているようなので、ま、いいっか〜。
e0126009_21415360.jpg
皆さんも急に寒くなったので、
風邪にはお気をつけくださいませ。
23日の国際フォーラム、そしてタッチ会まで気を抜かずに頑張りましょー。
そのあとはきっと良いお知らせがあることを祈りましょう。

by kotono-har | 2017-10-17 22:16 | ◇つれづれ | Comments(0)

言いたいことがあるようで

e0126009_11043445.jpg
僕たちから言いたいことがあります。
最近、うちの母さんがウヨンウヨンって浮き足立っているみたいで。
e0126009_11044443.jpg
なんか夜出かけることも多いんですけど、
帰ってくるなり僕たちに「うよーん」と言って抱きついてくるの、
やめてもらいたいです。僕、ウヨンじゃないし。
e0126009_11045256.jpg
まあね、好きなものがあるってことは、いいことだと思うけどね。
僕たちもいつものカリカリじゃなくて、
罪滅ぼし的な意味でウェットな美味しいご飯にしてもらえるから、
悪い気はしないんだけどね。
e0126009_11053456.jpg
まあ、ほどほどにしておきなさいよーー。

e0126009_11054442.jpg
ちょっとちょっと兄ちゃん。
僕は抗議していますよ。
母さんがウヨンのDVDを観てうっとりしているから、
僕たちと遊ぶ時間が少なくなってませんか。
e0126009_11055561.jpg
だからマットの下に隠れてアピールしてみてるんですよ。
このアピール効果は絶大なんです。
ほらね、来てくれたーー。
e0126009_11060501.jpg
ウヨンもDVDの中で猫とじゃれあっているからって、
無理やり僕たちをブログに登場させるのもどうかと思うけど、
とりあえず僕、今はこの魚くんに夢中です。
うりゃ、うりゃ。
e0126009_11061305.jpg
(猫に語らせると石田ゆり子さんちのハニちゃんと同じ口調になっちゃう(汗))

by kotono-har | 2017-10-14 11:20 | ◇猫 | Comments(2)

ウヨン「まだ僕は・・・」、タワレコ渋谷パネル展に行って来ました!

e0126009_10214856.jpg
来週はTWICEウィークになってしまいそうだから、
ウヨンが堪能できるうちにタワレコ渋谷に行って来ました。
(展示は16日月曜日までの予定)
e0126009_10221270.jpg
大きいパネルになっても癒されます。
A盤のDVDをやっと観ましたけども、まさにヒーリング。
来年の夏休みはチャンパは軽井沢旅行に決定ですね。
e0126009_10220062.jpg
そしてシリアルコード。
自分の分とお友達に譲っていただいた分を合わせても安定の全滅でした。
落選メールの到着の速さが、落選気分をさらに奈落の底に突き落としますよね・・・。
e0126009_10221998.jpg
昨日はさらに11月3日横アリライブの当落発表でしたけど、
そちらも私は安定の落選。
でもお友達がチケット取れたので、幸い行くことができそうです。
e0126009_10222732.jpg
運とはなんぞや。
e0126009_10224995.jpg
私はとても運がいい。
自分自身は運がなくても、周りの人に恵まれています。
それはチケット運とかそういうレベルのことに限らず、
人生において出会う人に恵まれているように思います。
縁が続く場合もそうでない場合もあるけれど、
人の縁というのが、私にとっての最大のラッキーではないか。
歳を重ねるごとに余計にそう思うのかな。

そういえば縁(えん)という字は(みどり)とも読みますね。
周りが与えてくれるように、
自分も何かを与えられるような人でありたいものです。


by kotono-har | 2017-10-14 10:47 | ◇2PM | Comments(0)

オリコン1位おめでとう

e0126009_21020176.png
ウヨンオリコン1位、おめでとう!!!
昨日のインスタライブのウヨンも可愛かった。

そしてウヨンの考えがよくわかる、素敵なインタビュー。
いつもいつも、ウヨンの良さを引き出してくれてありがとうございます。

ところでシリアルナンバー、、、当たる気配がありません・・・T T


by kotono-har | 2017-10-12 21:08 | ◇2PM | Comments(0)

「まだ僕は・・・」フラゲ日、Thanks Toと「天の川」に泣く

e0126009_22304588.jpg
フラゲ分の受け取りが間に合わないかと思ったけれど、
なんとか再配達してもらえました。
うう、どのジャケットも素敵。
そしてタッチ券も入っていました。

どの曲も好きだけど、
天の川のWooyoung ver、なんども聴いてしまいました。
本来なら6人でパートごとに歌っている曲ですけど、
パートパートに分けて録音した歌を繋げているのではなくて、
ウヨンのブレスの感じからして、
すべて一気にウヨンが歌っているのではないかと感じました。
あくまでも聴いて見た感じというか、
現時点で私はA盤のメイキング映像を見てないから、
実はそうですよってウヨン自身が語っているかもしれないけど(汗)

「天の川」の息遣いを通して、
ウヨンの気持ちがグッと伝わってきた感じがします。
そしてThanks ToのメッセージもT T

ありがとうは、こちらこそだよ。
とウヨンに伝えたいです。


by kotono-har | 2017-10-10 22:47 | ◇2PM | Comments(0)

ウヨンの音楽と愛に包まれた至福の3日間③ 〜Solo Tour 2017 “まだ僕は・・・” @Zepp DiverCity Tokyo 3Days 〜

e0126009_07474274.jpg
※写真、公式からお借りしています

ウヨンの帰国時の空港写真を見て、
本当にステージ上のカリスマウヨンと同じ人物なのだろうか?
と思ってしまったチャンパは私だけでしょうかw
オンオフのはっきりしたそういうところも嫌いじゃないんだけどね、うん。
レポ後半です。

+++

ウヨンのライブもいよいよ後半へ。
ドラムの華やかなセッションから始まる「2nite」。
上から下までキラキラ、ギラギラした衣装で登場するウヨンなんだけど、
全然下品にならないのは彼の持つ清潔感のためでしょうね。
「Going Going」もステージをあちこち移動しながら、
可愛かったりおちゃらけたりさまざまな表情でファンの心を掌握していきます。

そしてステージ上手にはウヨン曰くカラフルにペイントされた「マネキング」、
下手にはDJブースが登場し、ウヨンによるDJプレイが会場を盛り上げます。
DJブースの側面や大きなスクリーンに映る映像もかっこよくて、
「COCKTAIL」「HANDS UP」「Formula」と客席がどんどんクラブ化していきました。

DJのことはよくわからないのだけど、
3日間を通してその日その日によって全て違っていました。
その時の観客のノリや気分でぶっつけ本番でアレンジを変えて来るウヨン。
1日目と3日目はややまとまったアレンジだったような気がしますが、
2日目はわざと音を途中で止めて、動きが止まった会場をみてニヤリとしたり。
そういういたずらを何度か繰り返してファンをいじって遊んでいました。
3日目にこのDJについて
「緊張します。本番で失敗したこともある。でもみんな気がつかないでしょ。僕だけがわかる(笑)」
と言っていたから、もしかして音が止まっちゃったのはウヨン的には失敗だったのかなって思ったけど、
むしろ楽しかったし、バレないようにそれをアレンジしちゃうウヨンがまたすごいです。
そしてDJをしている時に真顔になるウヨンさんも、
アイドル、というよりは職人みたいでガテンな感じがツボ。
e0126009_22271394.jpg
ステージ終盤はダンス、ダンス、ダンス。
「Superman」「DJ Got Me Goin' Crazy」へと続き、
「皆さんもどんどん変な人になって!一番変だった人にハグしてあげます」というウヨンの言葉に
ファンもどんどんエンジンがかかっていき、
ダンスパートのところになると自然と沸き起こるチャンウヨンコールを受けて
ウヨンのダンスもキレキレに。
ゆるっと踊る時も全力で踊る時もどっちもあったけど、
どっちのウヨンもとても楽しそうでした。

「Party Shots」では後ろを向いて自分のお尻をパンパンと叩くような
チャーミングな仕草で客席を沸かせ、
「YO モットモリアガッテ YO」のウヨンバージョンでは
ボルテージが最高潮のまま本編が終了しました。
本当に素晴らしいセットリストです。
e0126009_07443427.jpg
すぐにアンコールを求めるチャンウヨンコールが湧き起こります。
ドキュメントムービーを挟んだら、ライブTシャツやグッズに身を包んだウヨンが再登場。
「今日、どうでしたか?」「ヒーリングされましたか?」などとこの日のライブを振り返り、
「僕の音楽に集中して欲しかったからバンドでやりました」と
今回のライブに込めた思いなどを話してくれました。
変な人になったらハグするという約束についてファンが催促すると、
会場に向かって大きなハグをしてくれたりもました。
11日に発売されるアルバムについても
「高いから無理しないで。皆さんとコンサートで会えるので僕はいいですから。
十分に考えて(「え〜!」というファンの声に「最後まで聞いて!」とツッコミを入れ)、
買ってみましょう(笑)」
とファンの懐具合を心配しつつの念押しに、ついついお財布の紐が緩みます。
e0126009_22264076.jpg
※写真、公式からお借りしています

どんなことを言ったのか本当にうる覚えなのですが、
「また6人で戻ってきます」と言っていました。
6人で戻ってきて欲しいのは当然だけど、
ソロとしていつ戻ってきてくれるのか、
チャンパとしてはそっちの方が気がかりだったりもするのでした。

アンコールは2曲「ハンパない」と「想像してみて」。
「想像してみて」はアリーナツアーの時の6人の映像に合わせて踊ります。
ついこの間のことなのにとても懐かしく感じられました。
「テギョンさん元気?」とか「ジュノ!」「ニックーン」とか、
ウヨンもいちいちメンバーの名前を呼んでいました。
やっぱりウヨンにとってメンバーは特別だから、
あえてアンコールの最後に6人の映像を持ってきたのかな。

最後はバンドメンバーも登場して挨拶。
ドラムの方はペンラを持っていて、
初日1本だったのが3日目には3本に増えていましたw

最後にぎゅっと結んだタオルをなるべく遠くに投げると、
客席に向かってたくさんの投げキッスをしてステージから去って行ったウヨン。
そうして2時間半超に及ぶウヨンの音楽と愛がぎゅっと詰まったライブが終了しました。

+++
e0126009_07441439.jpg
本当に楽しいライブでした。
今回、このブログが縁で知り合った方とライブをご一緒させていただいたのですが
これまでにない神席チケットで連日ライブを楽しませていただきました。
そんな近い距離でウヨンを見れるという状況が夢みたい・・・本当に感謝です。

最終日はいつものお友達と。
ちょっと遠いですが、中段の前方だったので遮るものがなく全体をよく見渡せました。
引いて見ることでスクリーンも合わせた全体のステージ構成がよくわかり、
ウヨンのライブに込めた意図がいっそう伝わったような気がしました。
e0126009_22273364.jpg
3日連続のスタンディングは体力的にどうかな…と心配に思っていたのが、
今は本当に3日間行くことができてよかったと思っています。
ウヨンはライブが本当に最高なのです。
行かせてくれた家族、
誘ってくれたお友達、全てに感謝したいと思います。

まだ大阪公演もありますが、東京では次は国際フォーラム。
その前にはCD発売のリリイベもありますね。
できる範囲で無理せず、ウヨンを応援したいと思います。

3日間の記憶を一つにまとめているので、
どの日にどうだったか記憶がまぜこぜになっていますがご容赦ください。
では長いレポ読んでくださってありがとうございましたー。


by kotono-har | 2017-10-10 07:30 | ◇2PM | Comments(2)

ウヨンの音楽と愛に包まれた至福の3日間② 〜Solo Tour 2017 “まだ僕は・・・” @Zepp DiverCity Tokyo 3Days 〜

3日間スタンディングによる足の疲れがなかなか取れませんT T
来週に疲れを持ち越さないようにしたいです。
レポ続き。

+++

e0126009_01122842.png
※メディア写真お借りしています

中盤は白シャツと黒スキニー、黒いハットでシンプルイズベストを体現したウヨン。
ジャズバンドっぽいアレンジ?(音楽のことよくわからないから違うかもしれないけど)
が加わった「Chill OUT」も大人っぽくて都会的でとても素敵でした。
「ゴロゴロしたいな、ダラダラしたいなっていう時もあるでしょ」と思って創ったという「LAZY DAY」。
そういう気分まで音楽に変えて生み出していくウヨンの感性。
ウヨンという子はいつのまにそんな素晴らしいアーティストになっていたんだろう。
ずっとウヨンをファンとして見てきていたはずなのに、本当に改めて惚れ直します。
e0126009_08063074.png
※メディア写真お借りしています

ダンスもフリースタイルでラフに踊っている今回のウヨン。
最近はピラティスでインナーマッスルを鍛えているとも言っていましたけど、
そのしなやかさな動きは天性のものとたゆまぬ努力から生み出されるんですね。
重力がないかのような軽やかなステップを踏み、
美しい鎖骨や胸元がチラ見えする度にファンの黄色い歓声が上がっていました。

バンドのメンバー紹介の順番も毎回違っていて、
次に誰にマイクが来るかわからないので
バンドメンバーさんたちはさぞドキドキしたことでしょう。
皆さん個性的でチャーミングな方ばかり。
ドラムの方が「ウヨンとライブができてとても光栄。
ステージの衣装や健康までも気を配ってもらって感謝している。
これからもウヨンを応援してください。愛してる」というようなことを言っていました。
頼れる兄さんたちと一緒のステージでウヨンも心強いことでしょう。

黒いハットを斜めに被り直し、
スタンドチェアに腰掛けて
伏し目がちに新曲「STAND BY ME」や「I CAN’T BREATHE」を歌う横顔。
光の中にシルエット的に浮かぶウヨンの見えそうで見えない表情がいっそう耳を音楽に集中させます。
「二人だけ」など新曲はどれもこれもとってもよくて、アルバムへの期待も自ずと高まります。
早く新しいアルバムを全曲フルで聴きたい。

e0126009_01115059.png
※メディア写真お借りしています

個人的に今回のライブがこれまでのウヨンのソロライブの中で一番好きです。
いや、正確には毎回毎回、その時のウヨンのライブが一番好きです。
Roseの時はRoseのライブが一番好きだったし、
Party Shotsの時はあれこそがチャンウヨンだと思っていました。
そして今回の生バンドのライブ。
やられた。そうきたか。かっこよすぎる。
これまでがこうだから今回はこうだろうという期待を
ウヨンはいい意味でいつも裏切ってくれます。

ということで、レポまだ続きますー。


by kotono-har | 2017-10-09 09:43 | ◇2PM | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
プロフィールを見る
画像一覧