カテゴリ:++ バリ( 12 )

夏のバリ旅⑩ 〜帰国日編〜

とうとうバリ最終日。

そういえばホテル内はとても綺麗だけど、自然が多いので、
夜はホテルの廊下に守り神のチチャがいました。吸盤がとても可愛い。
虫をパクっと食べたところを激写!

e0126009_12322155.jpg


午後の便で日本に帰るので、最後の朝食ビュッフェを食べた後は
チェックアウトの時間までプールでのんびり。

e0126009_12312989.jpg


モヒート〜。マドラー代わりに刺さっているのはサトウキビ。
e0126009_12391093.jpg


12時にチェックアウトをして空港まで。
そういえばバリの空港は最近新しくなったみたいですね。また行かなきゃw

もうほとんど現金を持っていないのに、
最後の20ドルで1本10ドルのビンタンビールを
高いよ!!と文句いいながらも2本飲んでしまいました。それでも飲む。
町中だと3〜400円くらいなのに…。
e0126009_12325157.jpg


帰りの機内は夕暮れがきてすぐに夜。
機内食食べて映画見てちょっと寝たらもう羽田でした。
e0126009_12331998.jpg


到着予定が夜の11時半だったので、
荷物のピックアップやちょっと到着が遅れたら終電がアウトだと思ったので、
今回は事前にマイルをタクシークーポンに換えて、迎車を予約してありました。

タクシー乗り場に行くと待っていたのはBMWのタクシー!
MKタクシーさんによると、
エグゼクティブ向けに高級車を数台導入中だそうで、
私たちは別に何も指定してなかったのですが、
たまたま空いていたBMちゃんがお迎えに来てくれたそうです。ラッキー♩
乗り心地もサイコーでした。

こうしてBMごときに夫婦ではしゃいで写真撮っちゃうところが庶民w
e0126009_12334135.jpg


こうしてバリ旅が終わりました。
いろいろな景色、いろいろな人に出会えたし、
夫婦でこんなに長い時間を過ごすことって日常だとあまりないから、
ときどきこうして旅に出たいな。

まだ世界には見たことのない景色の方が多すぎるもの!

以上、夏のバリ旅でした。
by kotono-har | 2013-09-20 13:33 | ++ バリ | Comments(0)

夏のバリ旅⑨ 〜タナロット編〜

スミニャックのスパに行くときに
たまたまホテルから車でご一緒したご夫婦と道中いろいろお話させてもらったのですが、
そのご夫婦が知り合ったガイドさんがとてもいい人だったというので名刺を頂いたのです。

私たちも最終日は車をチャーターしていろいろ回りたかったので、
早速連絡してみたところ、
ガイドさんの予定も空いていたのでお願いすることにしました。

午前中はプールでうだうだしたかったので、午後、ホテルまで来てもらいました。
日本語ペラペラのガイドさん。
まずはクタの両替所へ行き、お土産を買いに雑貨屋さんへ。
雑貨屋ではガイドさんがお店の人と何やら交渉してくれて、さらにお得にしてくれました。
この道20年の経歴のガイドさんで心強い!

ランチは幾つか候補を出してくれたので、その中からシーフードを選んでみました。
こちらのシーフード料理のお店。とても美味しかったです。
e0126009_2141211.jpg


とりあえずビンタンビール。
e0126009_21413833.jpg


野菜炒め。
e0126009_2142564.jpg


焼きそば。
e0126009_21423034.jpg


これ美味しかった。キャベツの春巻き。中にシーフードが入ってます。
お会計は二人で4000円でお釣りがきました。
e0126009_2143223.jpg


次に行ったのはスミニャックにあるスーパー、ビンタン。
スーパーは見てるだけで楽しいな〜。
e0126009_21433225.jpg


この後、バリで2番目に大きなお寺、タマンアユン寺院へ。

このお寺までの道中は、
スミニャックやクロボカンなどを通り、
郊外に行くに連れて景色も長閑になっていくので、
車窓の景色を眺めているのも楽しい。

でもあいかわらずの無数のバイクとお決まりの渋滞…
おかげでガイドさんとの日本語のおしゃべりも弾みました。

話しかけるとたくさん答えてくれるタイプのおしゃべり好きなガイドさんだったので、
家族の話とか奥さんとの馴れ初めとか聞いてみたら予想以上に熱く語ってくれて(笑)
ちょ、ちょっとガイドさん前見て!って思う場面もw

タマンアユン寺院。縁結びにご利益があるらしいです。
e0126009_21442680.jpg


寺院の周りにある水路も美しい。
e0126009_2145314.jpg


この時、既に16時過ぎてて、
この後は夕陽で有名なタナロット寺院に行く予定でした。

で、ここからガイドさんの本領発揮。
タナロットまでの道がけっこう渋滞していて、
距離もそこそこあるので、
さすがにおしゃべりガイドさんも真剣になって、とにかく飛ばす飛ばすっ。

片側1車線、、、というか、
車線なんてない1本道を対向車がくるのに
どんどん追い抜いていく。
パッシングとクラックションを活用し、
そりゃもう、マリオカートかと思いましたよ〜。

駐車場についても「走れ!」といって先に私たちを降ろすガイドさんw
おかげで夕陽に間に合いました。

最高の夕陽。
e0126009_21453654.jpg


e0126009_2146890.jpg


夕陽に照らされるタナロット寺院。
e0126009_21464090.jpg


波打ち際まで行って写真を撮る観光客たち。
e0126009_21471471.jpg


こんな波がざっぱーんと。度胸試しですね。
e0126009_21473874.jpg


ほんとうに綺麗なマジックアワーでした。
e0126009_21481759.jpg


さすがに飛ばしすぎたガイドさん、
「ごめんね〜、 怖かったでしょ〜、間に合わないかと思ったよ〜」と謝ってました。
いいのいいの、ありがとう。

さて夕飯はクタ郊外まで戻りました。
インドネシア料理がいいと言ったら連れてきてくれたのがここ。

クトゥパット。
e0126009_21485853.jpg


中庭にプールみたいなのがあって
そこを取り囲むようにテーブルのある素敵なレストランでした。
ちょうど生バンド演奏もやっていて、
日本人の私たちが来たので
長渕剛の「乾杯」とか宇多田ヒカルの「FirstLove」を歌ってくれて、
なぜかマイクをもってきて旦那も一緒に歌う羽目にw

たくさんありすぎて選ぶの迷ったけど、
インドネシア料理の盛り合わせみたいなものと、スープ、空芯菜の炒めものにしました。
e0126009_2149311.jpg


食事の後はもう一遊び。
デンパサールのナイトバザールに連れて行ってくれました。

e0126009_21501995.jpg


中には食事が出来るところもあって地元の人がご飯を食べていたり。
e0126009_21504682.jpg


どんなTVにも対応しているリモコンが売っていたり。←ガイドさん買ってたしw
e0126009_21511280.jpg


私たちは特に買いたいものはなかったけど、
洋服や靴、雑貨、アクセサリー、いろんなものが売っていました。
朝、昼、夜で、お店は入れ替わり、
朝だと果物や野菜がたくさん売っているそうです。
ガイドさんは自分の子供と孫のために洋服やオモチャを買ってました〜^^;

車の中でガイドさんと山羊肉の話をしていて、
「山羊肉を食べると体が熱くなって眠れないから子供ができるんだよ〜」
などと若干下ねたトークをしていたら奢ってくれました、ムスリム料理店の山羊肉。
e0126009_2151395.jpg


衛生的にどうのこうの考えてちゃ駄目ですね〜、出されたら食べなきゃ…。
e0126009_2152297.jpg


これが山羊肉の串焼き。ピーナッツ系の甘辛ソースをつけて食べます。
うん、まずくない。臭くもなく美味しいです。
e0126009_21522960.jpg


でも体が火照るというほどでもなく…旦那は車の中で速攻寝てたしね(笑)
いい経験でした。

帰りにホテルに戻りがてらレギャンの賑やかな通りを車で通ってもらいましたが、
とにかくものすごい人と車で賑わっていて通り抜けるのにかなり時間がかかりました。
爆音鳴り響くクラブとか道ばたでお酒飲んで騒ぐ若者とか、
私たちがもうちょっと若かったとしても、うーん、たぶん行かないな。

0時過ぎててちょっと眠かったけど、
(旦那は相変わらず車の中でスヤスヤ寝てしまっていたけど)
私は頑張って起きてガイドさんとおしゃべりしてました。
ホテルに着いたのは既に1時過ぎてたかな。

こんなにいろいろ案内してくれて時間関係なく1日60万ルピアだというので、
気持ちをプラスしてお支払いさせてもらいました。

本当に良いガイドさんに出会えてよかった。
また次にバリに行ったらお願いしたいです。

帰国したら早速「次はいつバリに来る?」って
ガイドさんからメールがありましたけど(笑)

またすぐにでも行きたいよ〜。

最後につづく
by kotono-har | 2013-09-20 12:22 | ++ バリ | Comments(0)

夏のバリ旅⑧ 〜スパ編〜

バリにはスパがたくさんあるので
どこがいいか絞りきれずにいたら、
口コミなどで有名なところはすでに予約がいっぱいでした。
Ayanaのスパはあまりにも高すぎるので最初から論外。

1日スパでつぶれてしまうのは嫌だと旦那がいうものだから、
2時間くらいでいいとこないかな〜と思って、
スミニャックにあるプラナスパにしてみました。

シロダーラをやってみたかったので、
Ayurvedic Simple Bliss(アーユルベーディック シンプルブリス)という2Hのコース。
一人$107でした。
安くはないですけど、他を知らないのでなんともいえず。
ホテルまでの送迎付きです。

プラナスパ。スミニャックのザ・ヴィラスというヴィラの敷地内にあります。
e0126009_1792114.jpg


オリエンタルでゴージャスな感じ。
e0126009_1710429.jpg


問診票みたいなのを書きながら、生姜っぽいお茶を頂きます。
e0126009_17104719.jpg


男女に分かれて更衣室で着替えた後、施術するところで再び旦那と合流。
e0126009_17112167.jpg


こんな感じでちょっと暗く落ち着いた部屋。
e0126009_17114710.jpg


最初に洗面器みたいな桶にお花を浮かべたお湯に足を入れて、
バスソルトを使った足のマッサージ。
ミントが入っているのか、すーっとしてむくみがとれる感じがします。

その後はベッドに移動して、全身のオイルマッサージを1時間。
うつ伏せ、あおむけ、どちらもほどよい強さで気持ちよかった。

最後の1時間はシロダーラ。
第三の目と言われる眉間に、温めたオイルを垂らしながらのマッサージ。
これが本当に気持ちよくて、旦那は鼾をかいて寝てしまいましたw
オイルを垂らす速度が早くなったりゆっくりになったり、
温度も熱めだったりぬるめだったり、加減が絶妙で、
とってもリラックスできました。またやりたい。

マッサージの後はぼーっとした頭をしゃっきりさせる
冷たいミントのお茶を出してくれました。

全身オイルまみれになってしまったけど、
シャワールームもあるし、シャンプーやボディーソープなども完備しています。
オイルを洗い流してしまうのはもったいないような気がしたけど、
そのままっていうわけにもいかず、熱いお湯で洗い流してさっぱりしました。

ホテルまで送ってもらうのを後にしてもらって、
近辺を散歩してきてもいいか受付の人にきいてみたら、
「ごゆっくりどうぞ〜」と気持ちよくOKしてくれたので、
スミニャック界隈を散策&ランチすることに。

e0126009_17323961.jpg


ジンバランの田舎くささとはまた違って素敵なお店がいっぱいあって楽しい。
女子的にはこの近辺に宿泊してブラブラするのが楽しいかも〜。
e0126009_17331825.jpg


アタ細工のランチョンマットが欲しかったのでアシタバというお店へ。
綺麗なアタ細工の小物が豊富で、他の雑貨屋さんより安く購入できました。
e0126009_17363840.jpg


ランチは中庭が気持ち良さそうなこちら、da Pat
e0126009_17353486.jpg


e0126009_1736531.jpg


クレープ。中にチーズ、レーズンなど。
クレープっていうより卵焼き風な、いたって素朴な味。
e0126009_2013833.jpg


外国人向けの高級スーパー。フルーツが美味しそう。
e0126009_2042383.jpg


散策し終わって、再びプラナスパに戻り、
タクシーでホテルまで送ってもらいました。
スパはたくさんあるので、また次は違ったところも行きたいし、
プラナスパはヨガもセットのコースもあるのでそういうのもやってみたいな。

次はとうとう最終日前日。
ガイドさんチャーターしてのタナロット編につづきます〜。
by kotono-har | 2013-09-17 21:08 | ++ バリ | Comments(0)

夏のバリ旅⑦ 〜ウルワツ&ケチャ編〜

オプションでつけたツアーでウルワツ寺院へ。
夕方ホテルに迎えにきてくれたガイドさんは
初日にウブドに連れて行ってくれたガイドさんと同じ人でした。

e0126009_22495845.jpg


猿がたくさんいます。丸まった背中に哀愁。
e0126009_22504965.jpg


観光客のサングラスを奪う猿。
e0126009_22511769.jpg


インド洋に突き出した断崖の上にあります。
e0126009_22521165.jpg


あ、また親子サル。小さなバナナを食べてました。可愛い。
e0126009_22543147.jpg


e0126009_22551039.jpg


この日はちょっと雲が多くて、マジックアワーはそれほど見られませんでしたが、
とても神々しい空でした。
e0126009_2256910.jpg


ケチャダンスを見ることのできる半円形劇場の席は
早く入ったもの順に埋まっていきます。
私たちは運良く早めに入れたので、ほぼ正面の席に座れました。
でも夏休み中だったから、この後、すごいことになりますw

舞台中央に火を灯して、儀式の準備。
e0126009_235567.jpg


この寺院に来たらとりあえずみんなケチャダンスを見るので、
次から次へと観光客が劇場に入ってきます。
固定の座席はぎゅーぎゅー。
階段の通路にまで人を入れてもまだ足りず、
本来なら舞台になるであろうはずの正面にも椅子をおき、
360度の円形劇場になりました。

それでもまだ、どんどん人が入ってきます…w
誰も止めないんかいっ。
階段席の席ではないただの段差の1段目にも人を座らせ、
その前には体育座りの列が1周、
さらにその前にももう1周座らせ、なんと体育座り席が2周になってしまいました…。

踊るスペースが狭すぎるケチャダンス(笑)
動画でどうぞ。





人がいっぱいすぎてカオス状態でしたw

ケチャダンス自体はストーリーがあって面白く、
最後の方は客席いじりもあって、
いじられたお客さんが舞台にあがったりして楽しいパフォーマンスでした。
この狭いスペースの中で火を素足で蹴ったりするファイヤーダンスまであったのですから、
消防法とか厳しい日本じゃ考えられないパフォーマンスでした。

髪が燃えないか心配。そしてとにかく人が密集。
e0126009_2317095.jpg


終演後、この白いお猿さん役の人と一緒に写真を撮ってもらいました。

この後、ツアー恒例の雑貨屋に行き、
夕食はジンバランにあるイカンバザールというバリ版海の家で。
ザ観光地という場所ですが、
私たち紛れもなく観光客なのでこういうところも大好き。

ずらりと砂浜に並んだテーブルで
波の音を聴きながらシーフード料理。
暗くてよくわからないけど、美味しかったです。
白身っぽい魚を焼いたものと、イカ、海老の焼いたもの。
あとご飯と空芯菜の炒め物とか。

e0126009_23303252.jpg


お店の入り口に水槽があってそこで好きなシーフードを選ぶみたいですけど、
私たちはツアーだったので何がいくらとかよくわかりませんでした。

こんな水槽から選ぶみたい。
e0126009_23431197.jpg


ファイヤー!こんがり焼いてます。
e0126009_234423.jpg


お店の前に店員さんたちが5〜6人休憩中で、
何やら透明なお酒を飲んでいたのです。
旦那が興味を持って近づくと「お前も飲むか?」って言ってきて、
ショットグラスに透明なお酒をついでくれました。
お酒を勧められたら断るわけにはいきませんw
一気に飲み干してましたが、けっこう強かったようです。
結局、何のお酒だかよくわからないのですが、
すっかり店員さんと打ち解けて一緒に記念撮影してました。

ほろ酔い気分でオプションツアーは終了〜。
ホテルでは中国の方がこんな幻想的なガーデンウェディングパーティやってました。
とっても素敵〜。誰かここで結婚式やってほしいな〜。

e0126009_041041.jpg


つぎはエステ編につづく。
by kotono-har | 2013-09-17 10:06 | ++ バリ | Comments(2)

夏のバリ旅⑥ 〜ジンバラン&クルージング編〜

そういえばウブドの後、
ホテルにチェックインするまでにランチを食べたのを忘れてました。
The POND” というお店。
蓮池と田んぼビューで、ちょっと田舎のおばあちゃんちを思い出しました。
e0126009_23282446.jpg


ツアーでしたのでこんな感じのインドネシア料理が出てきました。
あとスープとデザートだったかな。
e0126009_23375180.jpg


さてさて、また別の日。
お昼くらいまでプールでのんびりしていたので、
ランチを食べにジンバランの中心地にいくことにしました。
といっても車じゃないといけないので、タクシーで。

運転手さんにおすすめのランチのお店に連れて行ってもらいました。

イイガ ワルンというお店でした。ジェンガラケラミックという食器屋さんの隣にあります。
e0126009_23563425.jpg


けっこう混んでます。
e0126009_23581446.jpg


ナシゴレンを頼んだらポークBBQもついてきました。
このナシゴレンがとても美味しく、ポークもとても柔らかくて旨い。
e0126009_23511398.jpg


こちらはビーフBBQ。
普通に美味しいけど、ポークの方が柔らかくて好みでした。
e0126009_2359720.jpg


この後、ジェンガラケラミックに行ってバリっぽい食器をお土産に買い、
運転手さんはその間もずっと待っていてくれて、
「次どこ行きたいか?」っていうので、
ジンバランの市場に連れて行ってもらったんだけど、
ほんとにローカルな市場で午後だからお店も閉まっていて…
それよりなにより…一歩足を踏み入れたら巨大なネズミがいたので…
それ以上入るのは止めました…T T 
結局スーパーに連れて行ってもらってビールなどを買ってホテルに戻りました。

さて、HISさんのツアーを申し込んだら、
毎週火曜と木曜に先着80名をクルージングディナーに無料でご招待。
という夏休み限定?の企画があったのでバリ滞在中に参加してみました。

ホテルまで迎えにきてくれてワゴン車にのって港まで行きます。
たぶんブノアハーバーから船に乗ったんだと思います。

この豪華な船…ではありませんw
e0126009_23434268.jpg


このこじんまりした船です。
e0126009_2345510.jpg


トワイライトクルーズ。
e0126009_23462895.jpg


いい感じに夕暮れてきました。
e0126009_23473097.jpg


ソフトドリンクが1杯ついてきてあとはドリンクは有料です。
ビュッフェは無料のインドネシア料理。
美味しかったです。なんといっても無料だし。
e0126009_0205185.jpg


生バンドの演奏つき。
リクエストをきいてくれるんだけど特に誰もリクエストしなかったら、
海にはサザンでしょ〜といって「TSUNAMI」を歌ってくれました。
e0126009_0295710.jpg


バリ舞踏もありました。
e0126009_0223540.jpg


南半球ならではの南十字星が見えます、というのでデッキに出てみました。
星はたくさんあるんだけど南十字星がなかなかわからず…
iphoneに星座アプリを入れていたので空にかざして見てみると、
さそり座が綺麗に見えていました。
近くにいた子供にもアプリ見せてあげたら、すげ〜!って喜んでくれました。
アプリ入れてあってよかった〜。

トワイライトクルーズ、いい体験が出来ました。

またしてもつづく〜。
次はウルワツ&ケチャ編です。
by kotono-har | 2013-09-15 16:50 | ++ バリ | Comments(0)

夏のバリ旅⑤ 〜朝食ビュッフェ&プール編〜

毎朝の楽しみが朝食ビュッフェ。
今回はツアーだったのでパディでの朝食ビュッフェがついていました。
普通に食べると確か28ドルだったかな。

素敵な景色を見ながら。

e0126009_2252769.jpg



卵は選ぶと好きなように焼いてくれます。
スクランブル、オムレツ、目玉焼き。オムレツの具材は好きなものを選べます。
e0126009_2223914.jpg


パンケーキも焼きたて。
e0126009_223797.jpg


洋食、和食、インドネシア料理があり、
小さなパンやドーナツ、チーズ、サラダ、フルーツ、どれもこれもおいしそう!

結果、こうなりました…^^;;
この日は洋食中心です。
小さなパンがどれも美味しくてついたくさん取ってしまいました。
あ、この2皿が私の分ですw 2皿全部頂きました〜。
e0126009_223338.jpg


フルーツもね。
e0126009_2235799.jpg


翌朝はさらに調子にのって、インドネシア料理中心の2皿。
お粥に麺にパン…どんだけ炭水化物ですかっ。どれも美味しい。
e0126009_2245959.jpg


3日目もたくさん食べてます。
基本、毎朝2皿たいらげておりました。
毎日メニューが変わるので飽きません。
この日は目玉焼きにしてもらいました。
インドネシア料理の中の、バナナの天ぷらにハマってしまいました。
揚げたバナナにお砂糖がかかっててほっとする甘さ。
あ、基本カロリーとか忘れましょう。
e0126009_226651.jpg


4日目、今日が最後の朝食〜。
小さなパンがどれも可愛くて美味しくて、お腹いっぱいなのについ取ってしまう。
タッパーがあったら全種類詰めて持ち帰りたいくらい。
あとチーズの種類も豊富で、朝からワインくださいって言いそうになりました。
e0126009_2221506.jpg


Ayana Resortは朝食もおいしく、
ホテルのスタッフもみんなとってもいい笑顔で、
レストランでも廊下でも散歩をしていても、
みんな目を見て笑顔で挨拶してくれて、
それだけでとっても幸せになれるいいホテルでした。

朝食を食べてあまちゃんを見たら(←NHKワールドで生あまちゃんw)
午前中はメインプールへ。

この日はちょっと曇っていましたが、
乾期のバリは湿度もなくて本当に心地よい気候。東京の方が断然蒸し暑いです。
e0126009_2230789.jpg


10時過ぎたら飲んでもいいことにしてまして、、、
さっそくビールとモヒート。
e0126009_223124.jpg


プールサイドではこれを読んでいました。
学生時代に読んだ本だけど内容をすっかり忘れてしまっていて、
今回新鮮な気持ちで読み直しました。
アジアの路上でため息ひとつ
e0126009_2235163.jpg


e0126009_22391615.jpg


e0126009_2241483.jpg


他のビーチに行くのもめんどくさいし、結局バリ滞在中はプールでしか泳ぎませんでした。
Ayanaにはメインプールの他にもプールがあります。

ロックバーにいくゴンドラに乗ります。
ちなみにゴンドラは9時からしか動きません。
別の場所に階段があるので階段から行くこともできます。
e0126009_2243335.jpg


ロックバーの脇に、海に一番近いプールがあります。
ここはデッキチェアの数が少ないのですぐにいっぱいになってしまって、
私たちは2日とも9時前くらいに行きましたが既に満席で入れませんでした。
朝7時くらいからやっているので確実に来たければ朝食前に来るといいかもしれません。
e0126009_2246044.jpg

e0126009_22512649.jpg


海に近いプールの近くから小さなビーチに下りることができます。
が、波が高いのでとても泳げる場所ではありません。
高波がくると浜に下りるのも難しそうです。
e0126009_22441742.jpg

e0126009_22444310.jpg


でも見てこの透明感!
e0126009_224510100.jpg


遠くに見える建物もホテル敷地内のレストランです。
e0126009_22434755.jpg


他にも2mの深さのプールやキッズ用のプール、
エクササイズ用の有料プールなどがありましたが、
結局メインプールだけでのんびり過ごしました。

ちょっと泳いで、本を読んで、
ときどきビールを飲んで、空を見上げて。
そんな感じでお昼くらいまでのんびりな時間を過ごしてました。

もっとずーっとここにいたい。

つづく
by kotono-har | 2013-09-15 00:51 | ++ バリ | Comments(2)

夏のバリ旅④ 〜ロックバー編〜

Ayana Resort & Spaに決めた理由。
それはインド洋に沈む夕陽を見ながらお酒を飲める、
ロックバーというバーがあることでした。

e0126009_2055982.png

(※写真はホテルサイトからお借りしました)

何かの賞をとった有名なバーらしく、
宿泊客以外も夕方になるとここからのサンセットを見るために
わざわざやってくるほど人気のバーらしいです。

バーに下りていくには専用のゴンドラに乗らなくてはなりません。
ちょうど散策中に開店した直後だったので行ってみることにしました。

ゴンドラを待っているところ。
e0126009_20565297.jpg


宿泊客は列に並ばなくても優先的にゴンドラに乗ることができます。
ゴンドラは1台しかなく8人乗り。下に行くまで1分か2分かかります。
効率とかそういうのは関係ないです。

下から見るとこんな感じ。上まではかなり高さがあります。
e0126009_2174596.jpg


バーの中も宿泊客はメインカウンターの近くから優先的に案内されます。
私たちはメインカウンターのすぐそばの
一番海に近く夕陽が見える角席に案内されました!わーい♩
メインカウンター横の左上角の席です。

でもこのときまだ16時過ぎ…
サンセットは18時半なのでなんと2時間半もあるのよ〜^^;
だから日傘を貸してくれます。これがないと日差しが暑い…。
e0126009_2131312.jpg


ここがメインカウンター。みんな日傘…笑える。
e0126009_2135219.jpg


e0126009_21183970.jpg

e0126009_2119264.jpg


波の音と、波の音にマッチするようなゆるい感じの曲をDJが流してくれていて、
太陽が沈んでいく時間をゆっくりと楽しむことができました。

e0126009_21265350.jpg


ではしばし、サンセットの様子をどうぞ。

世界一美味しそうなトムコリンズ。
e0126009_21274661.jpg


e0126009_21283313.jpg


e0126009_21293063.jpg


e0126009_2130277.jpg


e0126009_2135716.jpg


e0126009_21285742.jpg


e0126009_21415728.jpg


e0126009_2130242.jpg


e0126009_21305391.jpg


お天気に恵まれて海に沈む太陽が見れました。
本当にきれいでした。
by kotono-har | 2013-09-14 00:48 | ++ バリ | Comments(0)

夏のバリ旅③ 〜ホテル編〜

バリ旅の続き。

今回宿泊したのはバリ島のジンバランにあるAyana Resort & Spa Baliです。

テロ警戒のため、車のトランクを開け、
金属探知機を使った厳重なセキュリティーチェックゲートを抜けてから、
ホテルの広大な敷地内へ入ることができます。
ちょっとそこまでお散歩で、、、なんてことは到底できなそうな広さで、
ゲートをくぐってからエントランスまで車でもかなりの距離があります。

ようやくホテルにチェックイン。
ウェルカムドリンクは、ピンクグァバジュース。美味!

e0126009_2032815.jpg


ロビーを吹き抜ける風が気もちいい。
e0126009_2035328.jpg


私たちはオーシャンビューでもクラブルームでもなく、
部屋指定なしの普通の部屋にしました。

新婚さんでもないので安眠できるツインベッド。とっても広々〜。
e0126009_2043951.jpg


ちょっとした長椅子。ここが気持ちよくて昼寝にぴったり。
e0126009_20154875.jpg


ガーデンビューのお部屋。よく手入れされた芝生。
この椅子に座って朝ぼんやりするのが最高のリラックス。
e0126009_2041690.jpg


洗面も広々。お水は毎日2本無料。
e0126009_2045973.jpg


シャワーと浴槽は別々になっていました。
初日、勢いよくシャワーを浴びたらブース以外も水浸しになってしまったので、
次からはシャワーの向きを気をつけて浴びるようにしました^^;
気をつければ水浸しになることもなく、温度、水量ともに問題ありません。

さっそくホテル内を散策。

これがエントランスから見た、ホテルの顔にもなっている風景。
流れる水と、遠くのメインプールと、その向こうの空とインド洋。
e0126009_2012035.jpg


太陽の位置、雲の形が変わる度に、水に映りこむ色も変わります。
e0126009_20533100.jpg

e0126009_20274898.jpg



花の色も濃く鮮やか。見ているだけで元気がもらえます。
e0126009_2055134.jpg


ホテルのどこをとっても美しい。
e0126009_20271159.jpg

e0126009_2043031.jpg

e0126009_2041468.jpg


こちらはパディというレストラン。朝食はこちらで頂きました。
e0126009_20371690.jpg


ヴィラのエリア。とても全部回りきれないくらい敷地が広いです。
e0126009_20321860.jpg


こういうヴィラも泊まってみたいですね。
e0126009_20325118.jpg


チャペル。誰か〜、ここで結婚式あげてください。呼ばれてなくても行きます!!
e0126009_20332027.jpg



散歩をしていたらたまたま16時だったので、
このホテルのもう一つの名所に行ってみることにしました。
今回、このホテルに決めた最大の理由です。

これです↓
写真は朝撮ったものなので雰囲気が伝わりにくいですが。
e0126009_20421874.jpg


つづき、ます〜。
by kotono-har | 2013-09-13 20:48 | ++ バリ | Comments(0)

夏のバリ旅② 〜ウブド編〜

お土産物屋さん巡りの後に向かったのが、ウブド郊外にあるゴアガジャ遺跡。
ゴアガジャは「象の遺跡」という意味だそうですが、
実際にはバリ島には象は生息していないんだって。
e0126009_22321515.jpg


獅子のようにも見える洞窟の入り口。
中には三位一体の像と、ガネーシャの像が祭られています。
e0126009_22324899.jpg


沐浴場。今も水が流れています。
e0126009_22335843.jpg


木も神聖に見えます。
e0126009_2240754.jpg


緑の色もとっても濃くて、渓流も流れていて
マイナスイオンに満たされたパワースポットでした。

次に向かったのはこちらです。
ライステラス、いわゆる棚田。
よくこんなに狭い斜面に…と感心するばかり。でも緑がとってもきれい。
e0126009_22454991.jpg


田んぼの風景だけを見ると日本と変わらないけど、
ヤシの木が生えてるところがやっぱりバリっぽい。


e0126009_22483998.jpg


さて、ウブド中心地に戻ってお待ちかねのフリータイム。
小1時間ばかり散策しました。

ウブド市場。東南アジアに来た〜!って感じが一気にアップ。
お土産物やさんの呼び込みが激しいです。
店員さんとうまく交渉すれば楽しいのかもね。
e0126009_2254453.jpg


どこかの建物の入り口。綺麗だな〜。
e0126009_22554291.jpg


ちょっとした路地もいい感じ。
e0126009_22561847.jpg


見つけたお店で一休み。
e0126009_2311266.jpg

e0126009_2331648.jpg


BINTANG Beer!! 南国で飲むビールは美味しいな〜。
南国といっても、今年の夏の日本より涼しくて湿気もなく、
乾期だから雨もなく、とてもさわやかな気候でした。
e0126009_235040.jpg


お店の入り口に神様へのお供えをおく女性。
上に神様、真ん中は人間、下は悪霊除けのためのお供えを置くのだそう。
e0126009_15293723.jpg


ウブドの老舗カフェ、CAFE LOTUSのところにある蓮池。
e0126009_15352779.jpg


スタバもウブド仕様ね。
e0126009_15343549.jpg


時間が限られていたから少ししか見て回れなかったのが残念。
今度はウブド泊にしてもっとゆっくり散歩してみたいな〜。


ホテル編につづきます〜。
by kotono-har | 2013-09-06 15:43 | ++ バリ | Comments(0)

夏のバリ旅① 〜いざ出国〜

夏休みに行ったバリの旅レポしたいと思います〜。

初めてのバリなので今回はHISさんのツアーを利用しました。
ツアーならではのお土産物屋さん立ち寄りとかもあったけれど、
なかなかいい旅になりました。
だいたい土地勘もつかめたので、次回は個人手配の旅がいいな〜♩

バリまでは羽田の深夜に出ているガルーダインドネシア航空の直行便で。
e0126009_20335416.jpg


さっさと出国して、軽く一杯。
e0126009_20341825.jpg


定刻通りに離陸。窓際の二人席。
配られたアイマスクと靴下のセットのおかげで、よく眠れました。
で、起きたら朝ご飯です。

e0126009_20344162.jpg


窓の外も明るくなってきました。
e0126009_20352742.jpg


バリまでは7時間くらいかかりますが、時差が1時間なので体がとても楽。
インドネシアは赤道を挟んで南半球と北半球にまたがった島々からなっていて、
バリ島は南半球に位置します。
人口は世界4位、その多くがイスラム教ですが、バリはヒンドゥー教が多いそう。
なるほどなるほど、、、
ガイドブックを読んでいるうちに、そろそろバリに到着〜。

e0126009_20403856.jpg


予定通りに到着し、25ドルの滞在ビザ代を払って入国。
朝早くてホテルにまだチェックインできないので、
私たちはそのままオプションでつけたウブドツアーへ。

e0126009_20471026.jpg


HISのオプションだったので、ガイドさんはHIS柄のシャツ着ています。
このシャツを着ている人の多いこと多いこと〜(笑)

さあ、私たちだけを乗せた車で一路、ウブドへ!

とはいかないところがオプションツアー。

染め物屋さん、雑貨屋さん、銀アクセサリーのお店などを見て回ります。
ついて早々お土産を買う気にもならないけど、
今後の物価調べのために、さーっと見て回りました。

布に絵を描く女性。
e0126009_2057418.jpg


銀アクセサリーを溶接している女性。
e0126009_20572026.jpg


染め物屋さんで好みの布があったので1枚だけ購入。

さ、今度こそ本当にウブドへ〜!

またしても長くなりそうなので、ウブド編に続きます〜。
by kotono-har | 2013-09-03 21:01 | ++ バリ | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
プロフィールを見る
画像一覧