TeamLab Borderlessに行ってきました

e0126009_20175654.jpg
6月21日にオープンしたお台場の
MORI Building DIGITAL ART MUSEUMEPSON teamLab Borderless」へ。

チケットは日付を指定した事前購入制で、
7月分のチケットはすでに完売しているようです。
e0126009_20181227.jpg
TeamLab Borderlessは、
アートは、部屋から出て移動し始め、他の作品とコミュニケーションし、他の作品と境界がなく、時には混ざり合う。そのような作品群による、境界のない1つの世界、『チームラボボーダレス』。境界のないアートに自らの身体を没入させ、作品群からできた世界を自らの身体で探索し、他者と共に新しい体験を創り出していきます。520台のコンピューター、470台のプロジェクター、10,000㎡の圧倒的なスケール感と、複雑で立体的な空間が特徴の世界に類を見ない全く新しい世界です。(teamLab Borderless 公式ページより)
というテーマ。
順路のないミュージアムの中を彷徨いながら、
刻々と変化する世界に没入していきます。

この「ランプの森」というアートも、ランプの色が刻々と変化していきます。
鏡の効果もあって、不思議なランプの森に迷い込んだみたいです。
e0126009_20180454.jpg
ずっとこの森に迷い込んでいたかったけれど、
人気の作品のため、空間に入る人数を制限し完全入れ替え制でした。
私が行った休日の昼過ぎには、この部屋に入るまでに1時間ほど並び、
実際にランプの森にいた時間は1分くらい?
e0126009_20161693.jpg
でも3時間並んで5秒のハイタッチ、に慣れている私としては(苦笑)
なんてことはない行列でしたw
室内は涼しいし、並んでいる間も壁のアート作品が美しく飽きない。
(一緒に並んでいた夫は多少飽きていた・・・)
行く曜日や時間帯によってはそんなに並ばずに入れるのかもしれないですね。
e0126009_20161567.jpg
このミュージアムが嬉しいのは、
三脚やストロボNGなどのルールはあるけれど撮影OKという点。
みなさん、本当に素敵な写真を撮影してSNSにアップしています。
私も久々に一眼レフを持っていったけれど、
自分の目で見たようにはなかなか撮影できず・・・。
e0126009_20160231.jpg
「クリスタルワールド」という作品は、
上へも下へも空間が無限に続くような幻想的な世界。
e0126009_20183605.jpg
事前にアプリをダウンロードしておくと、
雨を降らせたり雷鳴を轟かせたり、光と音の様々な演出ができます。
たくさんの人がアプリをいじるのでその組み合わせも複雑。
e0126009_20182839.jpg
鏡の床に光が反射してどこまで下に抜けていく。
自分が浮いているようにも感じられます。
e0126009_20160161.jpg
映像と音と光が本当に素晴らしい。
海外のお客さんもたくさん来ていました。
e0126009_20244281.jpg
同じ場所でも時間によって違う映像になるので、
時間が許せば何時間でも楽しめそうです。
e0126009_20222267.jpg
e0126009_20223103.jpg
e0126009_20224613.jpg
豊洲にできた「チームラボプラネッツ」の方にも時間があったら行ってみたい。
こちらは7月分もまだ予約できるようです。
お台場と違って入場時間を予約時に選択できるから、
混雑もある程度、緩和されるのかな。
夜遅くまでやっているので、仕事帰りでも行けそうですね。




by kotono-har | 2018-07-16 20:19 | ◇つれづれ | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30