ソン・ガンホ主演「タクシー運転手」

e0126009_07383016.jpg
ソン・ガンホさんの「タクシー運転手」をやっと観てきました。
すごく見応えのある映画。
見終わってからもしばらく頭が映画の世界から抜け出すことができなかった。

「光州事件」という言葉は聞いたことがあっても、
実際どんな事件なのかはよく知らなかったから、
この映画で初めて知って、韓国の暗い歴史の一部に驚愕するとともに、
このタクシー運転手が実在したということにも驚きました。
映画の中で追体験する暴力の理不尽さと、
巻き込まれていくタクシー運転手の小市民としての葛藤。
もう一度観にいきたい映画です。

立て続けにレンタルDVDで「弁護人」、
「大統領の理髪師」を鑑賞。
映画のタイプも時代も少しずつ異なるけれど、いずれも軍事政権下の話。
「弁護人」は盧武鉉元大統領が若き日に弁護した冤罪事件、釜林事件がモチーフと言われています。
「大統領の理髪師」はフィクションなんだけれど、
朴槿恵元大統領のお父さん朴正煕元大統領と思われる人物のおかかえ理髪師になる人物のお話。
韓国近代史がわからないとよくわからない部分もあり、
前後の史実を検索しながら観ました。

前に観た「殺人の追憶」もよかったけれど
すっかりソン・ガンホさんの魅力にはまってしまっています。




by kotono-har | 2018-07-03 20:18 | ◇映画、本、芝居など | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31