ウヨンのふるさと釜山旅⑨ 〜ウヨン、故郷に錦を飾る〜

e0126009_06591020.jpg
お待たせしました(汗)

やっとKBS釜山ホールにやって来ました。
ホールの壁面には、故郷に錦を飾ったウヨンソロコンの垂れ幕。
e0126009_06590677.jpg
駅からホールへと続く道にはウヨンのライブを知らせるフラッグが続いていました。
風になびくフラッグを後ろからSさんに広げてもらって撮影。Sさんコマウォ。

垂れ幕もフラッグも、チャンパにとってとても誇らしいものでした。
アドトラックも、会場前でウヨンのソロコンを盛り上げています。
e0126009_06591514.jpg
今回は着席指定にしたので、時間にも余裕があります。
まずはチケットを引き換えて、
配布グッズをいただいたり、グッズを見たり。
グッズはすでにピヨンしかなかったですが。
e0126009_06593534.jpg
まだ時間があったので、ウヨンのスリーブがもらえるというカフェへ。
こういうファンのアイデア、すごいですね。
お客さんが殺到してお店の人は大変そうでしたけど、
私たちが行った時はスタンディングの人たちの集合時間を過ぎていたので、
店内は割と空いていました。
e0126009_06592564.jpg
カフェでSさんのお友達の韓国チャンパの方と初めまして。
韓国語がわからないSさんと、日本語が話せない韓国チャンパさんの間を
私がなんちゃって通訳させてもらいました。
このお二人、普段は自動翻訳を駆使してやりとりしているそうで、ある意味すごい。
「言葉の壁」という言葉は、いつかIT技術の発展と共に死語になりそう。
e0126009_06593073.jpg
いよいよ会場入りです。
今回は真正面ど真ん中のブロック後方の通路側。
e0126009_06594243.jpg
EN?CALL 公演はスタンディングで見ることが多かったので、
こうして少し引いたところから全体を見るのは初めてでした。
なんども見ているのに、
見る場所が変わることでまた違う感動を味わうことができる。
だからライブって、なんども行きたくなっちゃうのよね。

ライブが始まってウヨンが登場すると、個人的には一瞬、正夢かと思いました。
だって、ウヨンがパーマだったから(笑) 
(どうでもいい夢の話はこちら

そして夢と同じように、
ライブ後半、ウヨンが通路を歩いて近くまで来ました。
もちろん話しかけられることはなかったけど(当たり前だっ)
近くで見れて嬉しかったです。
e0126009_06594813.jpg
この誕生日のサプライズボード。
実はウヨンがHappy Birthdayを歌うときにファンがちらほら掲げたんです。
私もその一人。
だってこのボードの裏にはHappy Birthdayの歌が流れたら出してくださいと書いてあったから。
でもウヨンは特になんの反応もせず、スルーしたんですね。
客席のライトはついてなかったから、ウヨンからはボードが見えてなかったのかもしれませんが、
あれ?特にコメントなし?と思ったんです。
実際はライブ後半にケーキが出て来てそこで掲げる段取りだったみたいなのです。
改めてファンももう一度、このボードを出しました。
今度は客席のライトもついて、ウヨンもコメントしてくれました。

コメントが割とあっさりだったので
ファンもウヨンを感動させようと「センイルチュッカ〜」の歌を歌って喜ばせようとするんだけど、
釜山男子はそんなに喜びを出さないんだとか、言っていたような、いないような・・・。
記憶違いだったらごめんなさい(汗)
このブログを書きながら、そんなこともあったなーと思い出しました。
e0126009_08504977.png
写真:公式からお借りしています

釜山訛りで話し、歌い、踊るウヨンはいつも以上に楽しそうで嬉しそうでした。
今回は詳細はレポしませんが、
ぜひ来週31日のディレイビューイングで見て感じて欲しいです。

そしてお隣の席でライブ中にお話させてもらった方、一緒に盛り上がれて楽しかったです。
ありがとうございました。

つづく

by kotono-har | 2018-05-27 09:08 | ◇2PM | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31