ウヨンのふるさと釜山旅③ 〜思い出よりも食い気〜

e0126009_20533428.jpg
西面の駅にはチャンパさんたちが用意してくれたメッセージボードがあったので撮影してきました。
e0126009_20533312.jpg
どちらのウヨンも素敵です。

この看板の近くに衣料品を売っているお店があって、
そこのアジョシ(おじさん)は次から次へと撮影にくる各国のチャンパをみて、
「ウヨン、本当にすごいねーー。チャン・ウヨン、最高!」とファンに声をかけたり、
不思議そうな顔のお客さんに「ウヨンだ、2PMの」と説明したり、
何かと忙しそうでした。

看板近くでいい匂いに誘われて、
つい買ってしまった小腹用のお菓子。
e0126009_17223934.jpg
e0126009_17224096.jpg
e0126009_17224197.jpg
7つで2000ウォン。
とうもろこしの形をしていて中にクリームの入っている人形焼と言えばいいのでしょうか。
焼きたてで美味しく、ばくばく食べてしまいました。
e0126009_17394277.jpg
Sさんにお付き合いいただき、
地下鉄に乗って個人的に思い出の南浦をぶらぶら。
昔このあたりにレコード屋さんがあって、
そこで韓国の友人におすすめされてユ・ジェハのCDを買いました。
それが私と韓国音楽との出会い。
道に迷いながら龍頭山公園へ。
e0126009_17393884.jpg
上りのエスカレーターは途中で止まっていたけど、とにかく上へ上へ。
e0126009_17394075.jpg
上りきるとライトアップされた釜山タワーが輝いていました。
振り向くと釜山の街並みが一望でき、夜空には月。
なんとなく海の匂いのする夜風も心地よかった。

刻々と変化するタワーの色はなるべくウヨンブルーでシャッターを押したいと思ったけれど、
なかなかうまくいかず・・・。
e0126009_17393988.jpg
昔来た時にはタワーに上りましたが、今回は下から眺めるだけに。
タワーの上でユ・ジェハのCDをおすすめしてくれた人が、
ユ・ジェハの音楽について説明してくれたんだけど、当時の韓国語能力ではよく理解できず。
その時の理解したいけど理解できないもどかしい思いが、
今も韓国語を続けようと思う気持ちに繋がっているのかもしれません。
そのわりには当時より劣化している語学力のような気もするけど・・・。

20数年、思い出の中でずっと美化されて来た釜山。
今回、釜山に来てみて、当然街もずいぶん変わったし、
私の記憶もおぼろげで。
思い出は記憶の中にだけ留めておくのがいいのかもしれないですね。
e0126009_20380503.jpg
さてさて色気より、食い気な私。
南浦のメインストリート光復路を歩き、BIFF広場までやって来ました。
魅惑的な屋台がいっぱい。
e0126009_20380473.jpg
おでんを一皿いただきました。
青唐辛子のスープがピリッと辛くて美味しい!
e0126009_20380727.jpg
続いて行列のできていた釜山で有名なホットク屋台、シアホットクに並んでみました。
e0126009_20380689.jpg
行列の整理&集金をする人、生地を丸めて整形する人、生地を油で揚げる人、
e0126009_20380810.jpg
揚がった生地にナッツを詰めてお客さんに渡す人、
見事な分業作業で次々に美味しいホットクが出来上がっていきます。
e0126009_20380962.jpg
ナッツがたくさん入っていてちょっと甘しょっぱくて、これはまた食べたい味!
一つ1300ウォンでした。

他にもカカオショップやコスメストア、農協のハナロマートでお土産を物色したりして、
さていよいよ西面に戻って夕飯です!

つづく


by kotono-har | 2018-05-06 21:00 | ◇2PM | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30