KPOP好きオトナ女子3人冬のソウル旅③

e0126009_19011396.jpg
初日の夕ご飯は明洞からタクシーで西大門周辺へ。

外はあまりに寒くて歩いて行くのも無理だし地下鉄だと乗り換えも面倒で、
バス停探しているうちにタクシー捕まえてしまいました。
運転手さんに行き先を告げ、渋滞の中を移動します。
伝わっているかどうか不安だったけど、やっぱりタクシーは楽チン。
運転手さんもバッチリお店の前に横付けしてくれました。
ついたお店はクルテバク&チョゲククス。


e0126009_19104097.jpg
私と友達の中で殿堂入りとなっている名作ドラマ「ご飯いこうよ」のシーズン2に出てくるお店です。
ユン・ドゥジュンと酔っ払った上司が食べにくるのがこの牡蠣屋さん。
e0126009_19112104.jpg
メニューはハングルオンリーですが、写真入りのメニュー看板もあります。
e0126009_19132244.jpg
念願のお店にこれたことに感動してテンション高い女3人。
20時くらいだったので喉はカラカラ、お腹ペコペコ。
まずはビールで乾杯。
e0126009_19145191.jpg
牡蠣のジョン(センクルジョン)。
小ぶりでプリップリの牡蠣がふわっとジョンになっていて美味しい!
これはいくらでも食べられてしまうやつです
e0126009_19193174.jpg
続いてこちらは牡蠣の和え物(クルムチム)。
ボリュームが伝わりにくいかと思いますが、日本の小鉢に入った和え物を想像してはなりません。
高さも幅も相当なボリューム。
野菜だけに見えますが中に生牡蠣がたくさん入っています。
辛くなさそうに見えて結構辛いです。
美味しいんだけど辛い、辛いけど美味しい。
でも食べても食べても、減らないw
結局最後まで食べきることはできませんでした。
たくさんの生牡蠣が入っているのに全然生臭くありません。
e0126009_19251673.jpg
そしてこれが食べたかった牡蠣の石焼栄養ご飯(クルトルソッヨンヤンパップ)。
見てこの牡蠣の量。下の具が見えません。
e0126009_19280742.jpg
お店のお兄さんが混ぜ混ぜしてくれました。
ご飯には雑穀や栗や豆、かぼちゃが入っていて、
ニラと醤油ダレをかけてさらにビビンバにします。
e0126009_19293450.jpg
e0126009_19320741.jpg
友達がビビンしてくれました。
美味しくないわけない。
e0126009_19323432.jpg
色合いも綺麗。
とても美味しかったです。
e0126009_19340920.jpg
サービスで牡蠣のスープも出してくれました。
牡蠣のお出汁がとってもいいです。
e0126009_19345050.jpg
一生分の牡蠣を食べたかもしれません。
日本の牡蠣に比べて小さいのですが身がプリッとしていて濃厚で甘い。
他にもクルポッサム(牡蠣とポッサム)とか、
クルフェ(生牡蠣)とかもありました。
胃袋があと3つくらいあったら食べてみたかった。
e0126009_19303075.jpg
石焼に残ったご飯はおこげにしてくれて、
e0126009_19310188.jpg
最後はヌルンジ(おこげ汁)を作ってくれました。
〆にちょうどいい。

食べ終わってどうやって地下鉄で帰ろうかアプリを見ながら話していたら、
お店のお兄さんがどこまで行くのか聞いてくれて、
新論峴駅だったら近くのバス停からバス1本でいけると教えてくれました。
しかもバス停まで送ってくれるというので
優しいお兄さん(年下)に甘えて送ってもらいました〜。

お兄さん曰く、ドゥジュンは撮影後も時々食べにくるそうで、
こないだもふらっと友達と食べに来たといっていました。
そしてさっきまで誰それが来ていたと言っていたけど誰だったか失念…。
美味しい牡蠣料理に加えて、
お兄さんの優しさにすっかり酔ってしまった女3人。
e0126009_23031394.jpg
バスで江南駅まで座って到着できたので
コンビニで飲み物を買ってホテルでMAMA鑑賞を楽しみました。

つづく



by kotono-har | 2017-12-15 23:05 | ++ 韓国旅行 | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31