カテゴリ:++ 国内旅行( 77 )

猫連れ山中湖リターンズ②

e0126009_18433449.jpg
花月園のコテージは、テレビから冷蔵庫、電子レンジに炊飯器まで一通り揃っているので、
食材とお酒だけ持ち混めばOK。
BBQセットもレンタルできます。
e0126009_08110268.jpg
猫たちが落ち着いたら人間たちもご飯。
あいにくの雨模様だったけど、甲子園を見ながらだらだらのんびりと。
飲んで食べて、飲んで飲んでw
e0126009_18442179.jpg
朝食には山中湖にあるサン・ジュリアンのパン。
懐かしい感じのするパン屋さんです。
e0126009_18495238.jpg
富士山の形をしているこちらはハムカレーパン(だったような)。
写真はないけどマスカットデニッシュが美味しかった!

by kotono-har | 2017-08-18 09:27 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫連れ山中湖リターンズ①

今年も猫と一緒の夏休み。
環境の変化に弱い猫を連れて旅をするのは大変なんですが、
我が家のニャンズはペットホテルが大の苦手・・・
なので手探りながら、時々一緒に旅をします。
e0126009_18560804.jpg
まずは猫たちを捕獲するところから旅の準備が始まるわけですが・・・
前日から大きな折りたたみケージをリビングに展開しておき、
怪しまれないように自然にしておきます。

そしていざ当日。
ご飯でおびき寄せてケージに入れようと試みるも、
なんとなく気配を察知し、感の鋭い1匹が高いところに逃げてしまいました。
それを見て慌てて逃げるもう1匹。
こうなっちゃうと、捕まえるだけでかなりストレスがかかってしまうんですよね。
とはいえ、いつまでも降りてくるのを待つわけにも行かず、
心を鬼にしてバスタオルをガバッと被せ、高いところから引っ張り出してなんとか捕獲。
ごめんね、ごめんね・・・って言いながら、ケージを車に積んでようやく出発です。

この折りたたみケージは後部座席にちょうど収まる大きさで、2匹入っても十分な広さ。
中にクッションや普段使っているバスタオルをいれて少しでも安心できるようにしてあります。
以前は1匹ずつハードキャリーに入れて出かけていたんですが、
2匹一緒にすると少しは不安も解消されることがわかってから、このようにしています。
普段使っているタオルケットを外側にかけてあり、タオルケットの隙間から覗くと、、、睨まれたw
e0126009_19125589.jpg
ドライブ、というよりは護送されているような・・・。
ちょっとの辛抱だからねー。
渋滞を避けるために出発時間を調整し、おかげで2時間ほどで山中湖に到着しました。
今回の宿は2年前にも宿泊した山中湖の花月園です。
ペット可のコテージにケージを運び入れると、しばらく猫たちが慣れるのを待ちます。

ここはどこにゃ!
e0126009_18424252.jpg
思い切って、一歩!
e0126009_18425322.jpg
部屋の外をキョロキョロ。
e0126009_18430214.jpg
しばらくするとトイレもきちんとできたので、
ご褒美の食事です。

カリカリじゃなくてウェットのご飯だにゃ!うまうま!
e0126009_18431929.jpg

猫と一緒に旅するときに持っていくもの
・猫
・簡易ケージ
・いつものバスタオル
・いつものトイレ&猫砂
・いつもの爪とぎ(平置き&立体)
・大好きなおもちゃ
・猫用ブラシ
・ペットシーツ
・いつものご飯
・水飲み用のお皿
・ご飯用のお皿
・いざという時に1匹ずつ入れられるハードキャリー。
・新聞紙、ペット用ウェットティッシュ
・トイレ用スコップ

続く


by kotono-har | 2017-08-15 19:40 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫とアウトドア旅③〜次回に続くのか?〜

ニャンズの夜中の大運動会のおかげであまり眠れない内に夜が明けました。
まだまだ朝晩は冷える長瀞。
炭火で沸かしたお湯で淹れたてのコーヒーを飲み、頭をしゃっきりさせて朝のお散歩。
e0126009_20412756.jpg
見えている橋は荒川を渡る金石水管橋。
e0126009_20492777.jpg
長瀞八景の一つ蓬莱島公園の山つつじもちょうど見頃でした。
新緑の緑とつつじの紅のコントラストがとても美しいです。
パッとした紅だったり、淡い朱色だったりしたのですが、
写真だとイマイチ美しさが伝わりませんね。
e0126009_20420302.jpg
e0126009_20422467.jpg
e0126009_20425097.jpg
散策を終えてバンガローに戻り、朝食はパンと目玉焼き、サラダなど。
ニャンズたちもご飯を食べてお昼寝モードになったので、人間たちは出かけます。

e0126009_20432193.jpg
近くの秩父温泉、満願の湯でお風呂をいただきました。
綺麗な温泉で露天風呂からは滝が見えました。

お風呂の後はスーパーに買い出しに行ったり、
道の駅で美味しそうな食材を仕入れて再びキャンプ場に戻り、
近場を徒歩でぶらり。
金石水管橋の上からの眺め。
e0126009_20441727.jpg
右に見える茶色い部分がキャンプ場です。
最近のアウトドアって道具がとってもおしゃれで、
大きなテントやタープで居住空間は快適そうだし、
ハンモックがあったり、飾り付けをしているテントもあったりで、
他の人のテントを眺めるだけでも楽しい。
さすがに猫連れでテント泊は無理だろうなぁ…。

カヌーやラフティングをする人たち。気持ちよさそう。
e0126009_21021346.jpg
橋を渡って荒川の対岸を30分くらいぷらぷら歩くと長瀞駅と岩畳に到着。
さすがGW、ライン下りも40分待ちでした。
e0126009_20451324.jpg
私たちは以前乗ったことがあるので、そのまま来た道をぷらぷら戻りました。
道中の花畑。
紫系のアザミかな?

e0126009_20444508.jpg
この日の夕飯はシーフード系のBBQ。
写真は椎茸とししゃもしかないけど…
道の駅で売っていた椎茸はとても肉厚で、ちょろっとお醤油をさして食べたら絶品でした。
e0126009_20460102.jpg
e0126009_20454348.jpg
早くから飲んでいるので、夜も早いです。
旦那が酔い潰れるのも早いので、この日も8時くらいには食事を終えてコテージでまったり。
私もランタンの灯りの中でスマホを見ているうちに、とろとろと眠ってしまいました。

が、やっぱりニャンズたちはこの日も大運動会。
積んである布団の山(星模様)の頂上をどっちが獲るかで大ハッスル。

e0126009_20462685.jpg
翌朝、仲良く二人でお山の頂上に収まっていましたw

チェックアウトは10時なので、
ゆっくりと朝のコーヒーを飲み、パンと目玉焼き、ウィンナーなどで朝食。

ニャンズたちを2匹一緒に広めのケージに入れて車に乗せたら、
割とリラックスして乗車することができたので、次回の旅はこの作戦で行こうかな。
帰りは道の駅にちょっと立ち寄り、関越が渋滞になる前に帰途につきました。

次回(時期未定)の猫旅もお楽しみに!


by kotono-har | 2017-05-09 21:58 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫とアウトドア旅②〜火起こしが楽しみだそうで〜

アウトドアの楽しみは火を起こすことなんだそうです。
早々にビールをプシュッとしながら、
あーでもないこーでもないと、嬉々として火を起こしている旦那。

私も飲みながら、景色を見ながら、ゆるりと食材の準備。
そろそろ両親+犬も到着する頃、と思っていたら、
話題のパワースポット、三峯神社に寄って合流するはずの両親が渋滞にハマり、
到着時刻が 2時間遅れになってしまいそうだというので、
先にちょっとずつ焼き始めることにしました。
e0126009_11261249.jpeg
玉ねぎ、なす、ピーマン、にんじん。
キノコのホイル焼き。
泡とサラダ。

e0126009_11275176.jpeg
缶詰のさば缶もそのまま網の上へ。
e0126009_11265357.jpeg
ニンニクも焼いて食べるとホクホク。
e0126009_11413018.jpeg
ちょっとだけ牛タンも焼いてみる。
e0126009_11432025.jpeg
忘れちゃいけないニャンズのご飯。
部屋の外で準備していると、ドア越しにニャーニャーと猛烈アピールしてくるニャンズ。
はいはい、ちょっと待ってね。
e0126009_11424990.jpeg
徐々に日が暮れてきていい感じです。
e0126009_11421937.jpeg
ランタンに灯りを灯す頃、両親も到着。
とっぷり日が暮れてしまい、肝心のお肉の写真がないですが。
スタミナキングという焼肉専門のお肉屋さんで買っていったお肉がどれも絶品でした。
牛タン、レバー、ホルモン、ミノ、バラ、カルビなど。
タレに漬け込んであって、レバーは焼いてもポソポソにならず、臭みもなくて柔らかい。
ホルモンも噛めば噛むほど甘みが広がり、とても美味しいお肉でした。
他にはカマンベールチーズを焼いたり、生ハムなどのおつまみをつまみながら、
白ワイン、赤ワインとついついお酒が進みます。

シメは味噌を塗ったおむすびを網の上で焼いてこんがりと。
香ばしくて美味しくできました。

キャンプ場自体は22時消灯なので、
夜遅くまで騒ぐ人もいなくて静かな夜。
夜9時くらいには部屋に戻って就寝です。

ところがーーー、

夜中にニャンズたちの大運動会が始まりました。
自然の中で本能が呼び覚まされるのでしょうかw
寝ている私たちの上を対角線上に2匹で追いかけっこ。
仕方なく起きてあげると、満足そうにう○ちをして、
あと片付けをさせられますw
2匹ともスッキリすると、さらにテンション高く走り周り、
「もう寝ようよー」と懇願する飼い主と、
興奮して眠れない様子のニャンズなのでした。

そんなバタバタ騒動の中でも、一向に目を覚まさない旦那ですが…。

続く


by kotono-har | 2017-05-07 12:09 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫とアウトドア旅①〜長瀞オートキャンプ場〜

GW、埼玉県の長瀞オートキャンプ場に行ってきました。
猫と一緒にいけるところって少ないのですが、
こちらのキャンプ場はペット可のバンガローがいくつかあり、猫もOK。
キャンプ場のオーナーさんが女性ということもあり、
施設も綺麗だし、フォトジェニックだと評判もいいようです。
e0126009_10370065.jpeg
2泊3日でお世話になり、うち1泊は隣のコテージに両親+犬も合流。
久しぶりにテレビもないし、電源もないからスマホなども充電できないという環境で
諸々シャットダウンしてゆっくり過ごすことができました。
e0126009_10364560.jpeg
旅の準備で一番大変なのは、ニャンズたちをいかにしてケージにスムーズに捕獲するか。
2匹同時に捕獲しないと人間も猫もストレス大。
なので、
旅行用に持っていくソフトキャリーを前日からリビングに設置し、
ニャンズたちの警戒心を抱かせないようにします。
いつも置いてあるハードキャリーと、ソフトキャリーそれぞれに1匹ずつ捕獲する計画。

出発当日の午前中は食材の買い出しなどに出かけ、お昼すぎに出発予定です。
朝からバタバタする人間たちに若干の違和感を感じつつも、
猫じゃらしで遊んでいるうちに自らケージに入ったすきに1匹目を捕獲。
「ニャーーー(罠だったのか)!」っていう叫ぶものの後の祭り。
もう1匹は割とトロいので、バスタオルをかけてタオルごと捕獲。
今回はスムーズに行ったぞ、しめしめ。

往復は猫たちのストレスを最小限にするために、
観光地などに立ち寄ることができません。
お店やサービスエリアにちょろっと立ち寄る程度で、
3時くらいにキャンプ場に到着できました。

e0126009_10354042.jpeg

お世話になったバンガローは三角屋根。
布団とエアコンが付いているタイプでした。
ドリームキャッチャーや可愛い布の飾り物があったり、
置いてある布団も可愛いらしい感じ。
女性オーナーの心遣いを感じます。
e0126009_10355999.jpeg
ニャンズたちにはいつものお気に入りの毛布やクッション、爪とぎやトイレなど一式を隅っこに設置。
大荷物になりますが仕方ない。
e0126009_10350284.jpeg
警戒中のニャンズさん。
しばらくは毛布の中に潜ったり、そろりそろりと探検したりを繰り返していました。
警戒中でもおやつのドライフードはカリカリ食べる。
なんとか大丈夫そうだね。
e0126009_10361379.jpeg
コテージのすぐ前に焼き場がありました。
各コテージによって、焼き場の広さやベンチのタイプ、
川側に面していたり、山側に面していたり、色々あるようです。
e0126009_10363396.jpeg
さてさて、人間たちは焼きの準備に入りましょうか。

続く

by kotono-har | 2017-05-07 11:18 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫連れ旅 in 伊豆⑤

最終日。
朝4時くらいから追いかけっこを始めたニャンズと一緒に起床。
明けゆく空を猫たちと眺めていました。
自然が豊かな場所だから虫も多いけど、
目の前の森にはリスがいて、リスの鳴き声というのを初めて聞きました。
e0126009_09012160.jpg
前日に作っておいた塩むすびで朝ご飯。
e0126009_08584916.jpg
e0126009_08595999.jpg
チェックアウトに向けて、
再びニャンズたちをハードキャリーに入れるのに一苦労。
ニャンズたちも知恵をつけエサでは釣られないのよね…。
格闘すること30分、やっと捕獲。

ニャンズたち、車はやはり苦手だから、
ぶるぶる震えて2匹で小さくなっています。
なるべく負担がないように寄り道もせずに帰宅。

3泊4日の猫連れ旅。
特別なことは何もなく、テレビもなく、
本を読んだり音楽を聞いたり、
食べて飲んで、ただそれだけでしたが、
癒された旅行でした。



by kotono-har | 2016-08-06 09:17 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫連れ旅 in 伊豆④

伊豆3日目。
ニャンズたちは夜中の大運動会を経て、
明け方には私の横に2匹くっついて一緒に寝てました。
布を食べてしまう恐れがあるから、
普段でも一緒に寝ることはないので
こうして一緒に寝れて布も食べなくなったことは大きな成長だな〜。
(ちなみに旦那は飲んだくれて一人リビングで寝倒れておりました)

寝起きでぼんやりするニャンズ。おはようございます。
e0126009_08013825.jpg
1時間ほどウォーキングして
朝ご飯は前日買ったパンとスクランブルエッグにサラダとコーヒー。
e0126009_07593092.jpg
この日は伊豆らしいところを観光。城ヶ崎海岸とか
e0126009_08072254.jpg
大室山でリフトに乗り、お鉢巡りをしたりとか。
e0126009_08073771.jpg
e0126009_08075093.jpg
ニャンズたちもリラックスしてます。
e0126009_08104209.jpg
いい夏休みだにゃー。
e0126009_08102622.jpg
昼間っから飲んじゃってるのかー。
e0126009_08101026.jpg
この日はBBQにしようと思い、BBQセットも借りておきました。
夜はBBQ…でも実はフラインパンで焼きましたw
外でやるのは暑くて暑くて、片付けも大変だし。
e0126009_08134651.jpg
ニャンズに乾杯。
e0126009_08194550.jpg

by kotono-har | 2016-08-06 08:25 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫連れ旅 in 伊豆③

伊豆2日目。
人間の朝ご飯はなんだったかな…

ニャンズたちは障子やたたみに爪を立てることもなく
e0126009_07330904.jpg
リビングのソファも我が物顔で
e0126009_07332684.jpg
隙あらば、未開の部屋を開拓しようとし
e0126009_07334730.jpg
なんだか楽しそうなニャンズたち
e0126009_07340823.jpg
キッチンとリビングの間にアコーディオンカーテンがあるので、
そこを閉めておけばいたずらすることもないんだけど、
念のためニャンズたちがお留守番のときは、ゲージに入れて出かけました。

人間たちはすることないので散歩。
パン活はベーカリーカフェ、ル・フィヤージュでバゲッドを。
人気店だから朝からたくさんの人がパンを買いに来ていました。
お店にあるイートインコーナーで食べることもできるみたいです。
e0126009_07343610.jpg
昼間っから日帰り温泉施設でまったり。わーーい、テレビテレビ。
e0126009_07350199.jpg
昼間の記憶がないけど、
たぶん部屋でニャンズと遊んだり飲んだり昼寝したり。
そして夜は近くの定食屋へ。

お刺身定食。
e0126009_07505197.jpg
金目鯛の煮付け。やはり地物はおいしい。
e0126009_07511032.jpg

夜9時には就寝。健康的な夏休みです。




by kotono-har | 2016-08-06 07:55 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫連れ旅 in 伊豆②

ニャンズたちにはケージ内でお留守番してもらい、近くのスーパーに買い出しへ。
地元の魚のお刺身や途中の道の駅で買った新鮮野菜、
そしてお酒もたっぷり買い込みました。
基本は自炊なので夏休み感があまりありません。
夕飯作って片付けて、いつもと変わらない…。
e0126009_14315076.jpg
違うのはなんとテレビがなかったことーーー。
これには夫婦ともにびっくり。
確かに設備欄には書いてなかったけど、
テレビくらい書いてなくてもあるって思い込んでたさーw
3泊4日もするのにテレビがないなんて、
新婚じゃあるまいし話すことないわよ・・・。
ニャンズがいてくれてよかった〜。

ニャンズたちもごはん食べておトイレもして、いたずらが炸裂してきました。
懸垂で鍛えるニャタと、
爪を研いでいつでも戦えるように準備するリョウマ。
e0126009_14322279.jpg
人間たちはお刺身と日本酒で。
e0126009_14325106.jpg
テレビもないのでラジオやYoutubeの音楽をお供に。
それでも夜は長いですなw。

つづく

by kotono-har | 2016-08-05 14:39 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫連れ旅 in 伊豆①

e0126009_11293823.jpg
すっかりブログ放置してましたが、夏休みで旅行に行ってました。
今回も猫連れ旅でございます。
愛猫と旅行したい皆さんの参考になれば。

+++

今年は、去年の夏休みの山中湖よりも少し距離を伸ばして伊豆方面へ。
うちからだとスムーズに行って3時間ちょいでしょうか。
旅行に行く気配を猫に悟られないようにしつつ準備をしたいところですが、
普段使っている3段ケージを分解して持っていくために、
朝から解体作業をしたり荷物をわさわさ車に積んだりしているうちに
すっかり警戒モードのニャンズ。
ハードキャリーに2匹を入れようとするも、
激しい抵抗にあい、思い切りひっかかれました…。ごめんね〜。

+++
なんとか荷物とニャンズ乗せ、車でいざ出発!
ところがーーー、道中で集中豪雨に。
高速で前も後ろも横も雨で真っ白…何も見えなくなる恐怖…。
止まったらダメだしぶつかったらダメだし(私は乗っているだけだけど)、
かなり恐かったです。豪雨の運転は危険ですね。

そうしてやっと到着。
今回はホテルでも旅館でもコテージでもなくて、
Airbnbで借りたペット可の一軒家。
親戚の家に泊まるような感覚ですw

キッチンとか実家かと思いました(笑)
e0126009_11305783.jpg
旅に出たというよりも、田舎のおばあちゃん家に帰ったと言った方がぴったり(笑)
子どものころの夏休みを思い出します。
e0126009_11313034.jpg
キッチンとお風呂、リビングと和室と洋室。
2人+猫には十分すぎる広さです。
和室の方に猫たちの拠点を作り、ケージを組み立てたのはいいけど、
あ!天井部分を持ってくるの忘れた!
ということでビニールシートでカムフラージュしてます。
幸い、最後まで猫たちは天井が開いていることに気づかなかった模様w
e0126009_11445020.jpg
ケージや猫砂、爪とぎなど猫達のグッズは家にいるときと変わらないフル装備です。
ここどこだよっ!と睨みつけているニャタ。
しばらくケージでまったりさせていると、
e0126009_11474702.jpg
まず一歩踏み出したのは勇敢なリョウマ。
e0126009_11482881.jpg
続いておっかなびっくり、ビビリの兄ニャタが続きます
e0126009_11492677.jpg
さてどんな猫旅になりますか。

つづく


by kotono-har | 2016-08-05 11:59 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
プロフィールを見る
画像一覧