2017年 05月 07日 ( 2 )

猫とアウトドア旅②〜火起こしが楽しみだそうで〜

アウトドアの楽しみは火を起こすことなんだそうです。
早々にビールをプシュッとしながら、
あーでもないこーでもないと、嬉々として火を起こしている旦那。

私も飲みながら、景色を見ながら、ゆるりと食材の準備。
そろそろ両親+犬も到着する頃、と思っていたら、
話題のパワースポット、三峯神社に寄って合流するはずの両親が渋滞にハマり、
到着時刻が 2時間遅れになってしまいそうだというので、
先にちょっとずつ焼き始めることにしました。
e0126009_11261249.jpeg
玉ねぎ、なす、ピーマン、にんじん。
キノコのホイル焼き。
泡とサラダ。

e0126009_11275176.jpeg
缶詰のさば缶もそのまま網の上へ。
e0126009_11265357.jpeg
ニンニクも焼いて食べるとホクホク。
e0126009_11413018.jpeg
ちょっとだけ牛タンも焼いてみる。
e0126009_11432025.jpeg
忘れちゃいけないニャンズのご飯。
部屋の外で準備していると、ドア越しにニャーニャーと猛烈アピールしてくるニャンズ。
はいはい、ちょっと待ってね。
e0126009_11424990.jpeg
徐々に日が暮れてきていい感じです。
e0126009_11421937.jpeg
ランタンに灯りを灯す頃、両親も到着。
とっぷり日が暮れてしまい、肝心のお肉の写真がないですが。
スタミナキングという焼肉専門のお肉屋さんで買っていったお肉がどれも絶品でした。
牛タン、レバー、ホルモン、ミノ、バラ、カルビなど。
タレに漬け込んであって、レバーは焼いてもポソポソにならず、臭みもなくて柔らかい。
ホルモンも噛めば噛むほど甘みが広がり、とても美味しいお肉でした。
他にはカマンベールチーズを焼いたり、生ハムなどのおつまみをつまみながら、
白ワイン、赤ワインとついついお酒が進みます。

シメは味噌を塗ったおむすびを網の上で焼いてこんがりと。
香ばしくて美味しくできました。

キャンプ場自体は22時消灯なので、
夜遅くまで騒ぐ人もいなくて静かな夜。
夜9時くらいには部屋に戻って就寝です。

ところがーーー、

夜中にニャンズたちの大運動会が始まりました。
自然の中で本能が呼び覚まされるのでしょうかw
寝ている私たちの上を対角線上に2匹で追いかけっこ。
仕方なく起きてあげると、満足そうにう○ちをして、
あと片付けをさせられますw
2匹ともスッキリすると、さらにテンション高く走り周り、
「もう寝ようよー」と懇願する飼い主と、
興奮して眠れない様子のニャンズなのでした。

そんなバタバタ騒動の中でも、一向に目を覚まさない旦那ですが…。

続く


by kotono-har | 2017-05-07 12:09 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

猫とアウトドア旅①〜長瀞オートキャンプ場〜

GW、埼玉県の長瀞オートキャンプ場に行ってきました。
猫と一緒にいけるところって少ないのですが、
こちらのキャンプ場はペット可のバンガローがいくつかあり、猫もOK。
キャンプ場のオーナーさんが女性ということもあり、
施設も綺麗だし、フォトジェニックだと評判もいいようです。
e0126009_10370065.jpeg
2泊3日でお世話になり、うち1泊は隣のコテージに両親+犬も合流。
久しぶりにテレビもないし、電源もないからスマホなども充電できないという環境で
諸々シャットダウンしてゆっくり過ごすことができました。
e0126009_10364560.jpeg
旅の準備で一番大変なのは、ニャンズたちをいかにしてケージにスムーズに捕獲するか。
2匹同時に捕獲しないと人間も猫もストレス大。
なので、
旅行用に持っていくソフトキャリーを前日からリビングに設置し、
ニャンズたちの警戒心を抱かせないようにします。
いつも置いてあるハードキャリーと、ソフトキャリーそれぞれに1匹ずつ捕獲する計画。

出発当日の午前中は食材の買い出しなどに出かけ、お昼すぎに出発予定です。
朝からバタバタする人間たちに若干の違和感を感じつつも、
猫じゃらしで遊んでいるうちに自らケージに入ったすきに1匹目を捕獲。
「ニャーーー(罠だったのか)!」っていう叫ぶものの後の祭り。
もう1匹は割とトロいので、バスタオルをかけてタオルごと捕獲。
今回はスムーズに行ったぞ、しめしめ。

往復は猫たちのストレスを最小限にするために、
観光地などに立ち寄ることができません。
お店やサービスエリアにちょろっと立ち寄る程度で、
3時くらいにキャンプ場に到着できました。

e0126009_10354042.jpeg

お世話になったバンガローは三角屋根。
布団とエアコンが付いているタイプでした。
ドリームキャッチャーや可愛い布の飾り物があったり、
置いてある布団も可愛いらしい感じ。
女性オーナーの心遣いを感じます。
e0126009_10355999.jpeg
ニャンズたちにはいつものお気に入りの毛布やクッション、爪とぎやトイレなど一式を隅っこに設置。
大荷物になりますが仕方ない。
e0126009_10350284.jpeg
警戒中のニャンズさん。
しばらくは毛布の中に潜ったり、そろりそろりと探検したりを繰り返していました。
警戒中でもおやつのドライフードはカリカリ食べる。
なんとか大丈夫そうだね。
e0126009_10361379.jpeg
コテージのすぐ前に焼き場がありました。
各コテージによって、焼き場の広さやベンチのタイプ、
川側に面していたり、山側に面していたり、色々あるようです。
e0126009_10363396.jpeg
さてさて、人間たちは焼きの準備に入りましょうか。

続く

by kotono-har | 2017-05-07 11:18 | ++ 国内旅行 | Comments(0)

転がり続け幾つになっても成長していきたい。と思っている私のぐうたら日記。最近は2PMネタ多し。ウヨン溺愛中。ミチル子とか呼ばれています。


by kotono-har
プロフィールを見る
画像一覧